スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
naoko hirayama
スポンサー広告


海を見ていた
あれから 何年たっただろう
また夏が来た
いつもと同じように
また海を見る

まっしろに心をとかすと
昨日のことみたい

変わらないことだってあるけど
あんなふうに 毎日会うわけにはいかないね
いつだって
自分の場所を変えるときが いちばんさみしい

海は
遠くにゆくほど きれいに見える
水平線に見たことのない風景を隠している

ぼくは
つぎの冒険を待つ子供みたいに
海を見ていた
スポンサーサイト
naoko hirayama
卒制
0 0

引越
タカラモノを見せてあげる
約束したのに
どうして

きみの家は からっぽ

開け放たれた窓
夏の陽射しは
からっぽの部屋から
色まで 抜き去ってしまった
まっしろに

いつも ふたり 丘の上
ぼくは ひとり たいせつな箱を開ける
透明な ビー玉
ちいさな錆びた カギ
青い色の 石
ちびた ロウセキ
かけた おちょこ
虫メガネ
玉虫の標本
せみのぬけがら

青い色の石 と 玉虫の標本 は
きみにあげるつもりだったのに
なんだったら
箱ごと 全部 あげちゃってもよかったんだ
naoko hirayama
卒制
0 0

夏の日
昨日のさよならと
今日のさよならは
どこか違うような気がして
帰りそびれてしまった
だれもいない
草ぼうぼうの広い空き地で
むこうの林にすんでいる ひぐらし
の声を きいていた
夏のはじまりの高い太陽も
今はしっぽしか見えない
記憶は草の間に放してきた
ひぐらしの声は
もうすぐくる秋を予言している
心だけが
強く輝いている
naoko hirayama
卒制
0 0

終わらない宿題
夏が僕をせめたてる
いつまでたっても終わらない宿題
僕だけの宿題

夏休みが終わるまでに
ひとつ答をみつけたい
秋には君にまた会うから
会わなくちゃいけないから

机上の空論くりかえすうちに
ナゼか走るのが遅くなった
わからないものは わからないものの
まま じゃ だめなのかな

ああきっと 君も僕をせめたてる
naoko hirayama
卒制
0 0

天使になる
このまま 夏が くるのかな

とぼとぼ歩きながら考えていたら
まっしろになってしまった

このまま 夏が くるのかな

ああ もう ぼくにできることなんか
これっぽっちも残されてはいないんだ

湯水のように時を使って ぜいたくして
幸せなさみしさを考えていたけど
きみも ぼくも
傷ついてしまった

うん 見えるよ
昨日までのぼく
それでも朝はやってくるんだね

ごめんね
もう ぼくのことを考えるのはやめるよ

天使になって ここにいる
naoko hirayama
卒制
0 0

月の道
あのとき わたし
なにをいえばよかったのかな
きみに対する気持ちだって
わたしの これからには
それほど重要だったとは
思えないのに

あのとき なにかいっていたら
違っていただろうね
よくはならなかったかもしれないけど
違っていただろうね

でも
月のみえる坂道は
とってもきれいで
ほんとうに すきとおっていて
消えてしまいそうで
わたしは黙ってしまった
きみは もっと黙っていた
naoko hirayama
卒制
0 0

とびうお
ひとつめの涙は 海
閉じ込められた深いあお
ひきずられるのを怖れたあれは
鳥にはなれない とびうお

ふたつめの不思議は 翼
銀色にひかる 月にはえる
あこがれてあこがれてあこがれて
鳥になりたい とびうお

 海は擬似空間
 まがいものの翼で
 きみは 自分もだましている

みっつめの秘密は 空
なにも知らない小さなさかなは
ときどき その翼で
鳥を真似する
とびうお
naoko hirayama
卒制
0 0

北緯40度の月
DSCN0968.jpg





いくつもいくつも
夏空をおいこして
北へむかうと
北緯40度の線で
月は黙ってのぼってくる
だれもいない平原で
ひまわりだけが
月をみていた
限りなく静かなこころで
やはり黙って
naoko hirayama
卒制
0 0

夏の一瞬
ああ ぼくらはなにも変わっちゃいない

あの日かわらではしゃいだ時
ぼくらを見ていた太陽だって
そう思っていたにちがいない

年齢なんて なんて無意味
ヤニくさいシャツだって
なんだか
生意気そうにしかみえない

二度ともどらない一瞬
を 切りとった写真
ほら みんなこんなにたのしそう
naoko hirayama
卒制
0 0

観覧車
いっぱいの こどもたち
ひとりの ぼく

夕暮れを待って観覧車にのる

ぼくの生まれたまちがみえる
ねむっているような

錆びた観覧車だけが
夏空を まわってる
ぼくをのせて

雲間からこぼれる光のように
天使をしたがえて
おちていった
時間

天上と地上をひとめぐりすると
いっぱいの こどもたち
のなかの ぼくは
ひとりの まいご
naoko hirayama
卒制
0 0

八月の丘
夕立がやんだから
沈んでゆく太陽が見えるから
あの坂をのぼって丘に行こう
夏草のゆれる丘の上で
ぼくが見下ろすのは何処だろう

夏草に隠れて暮れてゆく空を
見つめている
いつかのきもちで
今も同じきもちで

きみと迷い込んだ路地も見える
あの小径をぬけたところに
そうだ やっぱり ここがあった
あの道も あの道も
いつも丘にのぼる坂

わかりかけた明日

ふとりかけたお月さま
が 見え出した
naoko hirayama
卒制
0 0

夏のベランダ
四角く切り取られた空
育つだけ育ったゼラニウム
洗濯物がコソコソ乾いてゆく
風が通る
笑う洗濯バサミ

夏の午後
タバコとおひさまと傷んだ桃

除湿機から細く水がおちる
気体から液体に変わったばかりの
きみわるく冷たい水

公園から子供の声
日没を知らせるオルゴオル
サンダルからのびる
不健康に白いわたしの足
naoko hirayama
卒制
0 0

地球の夏休み
もうすぐ 太陽がのぼる
地球は 虹色にひかる金のビーズで満たされてゆく

ぼくらは 瞳のコンパスに
なにを映している?
胴乱のなかで動いている
それ なに?

走り続ける
楽園を求めて
いつも いつも
朝はぼくらにあたらしい一日を約束してくれる

知らなければいけないことが
かならずある
ぼくらには みんな意味がある

はじめての道
あったことのない人たち
みたことのない空
すべて ぼくらに続く時間

東風なら
地球がまわっているのがわかる

はじまったばかりの太陽の冒険
はじまったばかりの地球の夏休み
naoko hirayama
卒制
0 0

| HOME |